• オオハシシン

集まるか拡がるかの見極めは



モード法のトレーニング内容1.流れの道筋は、全身が「集まるか拡がるか」を学びます。この流れは生得的なルートがあると私は見ています。



集まるか拡がるか、今どちらに向かっているかを知るには簡単な指標があります。


両方の足の裏を思い浮かべて下さい。その一つの足裏を2つのパートに分けます。


足は三点支点です。①拇指球・②小指球・③かかとです。この②に横線を引きます。


これが境界線で、前と後ろに別れます。両足で4つです。この4つのどこに最も圧がかかっているかで決まります。


前なら集まり、後ろなら拡がります。片足でも、両方でも。


試しにちぐはぐに組み替えると難しいことがわかります。いろんな所を余分に緊張させないとできません。


ところがこのちぐはぐの組み合わせは日常でよくしていますが、自分ではなかなか気づきません。習慣的にやると緊張パターンのなかに組み込まれて、余分な緊張に気づかないのです。


パターンの習得は「報酬」があればできます。これはまた今後触れます。


ルートに従って動けば水の中の魚のように快適に動けますが、それは地面とのやりとりから始まります。それでまず足に着目します。


ModeMethod.net 日本 658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町 080-4134-9888

​神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・関西のアレクサンダー・テクニーク