• 小栗一紅

水のような、風のような、 不思議な触れ方に魅せられて


はじめまして。

小栗と申します。



わたしは整体と演劇のお仕事をしています。


しん先生との繋がりは2013年。


元町で教えておられた、

アレクサンダー太極拳を習い始めたことがきっかけ。


当時、アレクサンダーテクニークにも太極拳にも興味があったわたしは、

その二つが習えるなんて!と、一も二もなく飛び込んだわけです。


その後、太極拳にどハマりしてしまうわけですが、

その話は今日は置いておきましょう。



さて、教室に熱心に通ってたわたし。

何に一番惹かれていたかと言うと、

それは、しん先生の「手」だったのです。


太極拳を始める前に、一人一人の生徒さんのそばに寄り添って、

しん先生が身体にすーっと触れてゆきます。


自分の身体の中を

そよ風が通ってゆくかのように、

触れられると余分な力がぬけ、

足がしっかりと大地にコネクトされ、

心地よい状態になるのです。


先程「触れる」と書いたけれども、

触れるか触れないかくらいの羽のようなタッチ。

しかも恣意的なものが含まれていない

水のような無色透明な感覚。


「これは一体なんだろう?」

大いなる疑問符をいただきました。


今、その謎の解を探しに、

モード法のトレーニングを受講しております。


そのテクニックは、

身体の使い方のみならず、

自分の在り方、

他者との関わり方にも深く絡んでいるようです。


ジグソーパズルのように

小さくて大切なピースはいくつかいただいて

いるのですが、まだまだ像を結んでいません。


早く習得するのが

良いわけではないのです。


解けない謎がある、ということが、

面白いし、ワクワクするのです。


またお便りしますね。


以下の写真は、

モード法の教室にて2019年10月4日撮影



ModeMethod.net 日本 658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町 080-4134-9888

​神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・関西のアレクサンダー・テクニーク