• tooticky

おさまりのいい手とは

最終更新: 2019年10月17日

相手に触れるとき、相手の体に自分の手がしっくりとおさまる場所があります。

今回の勉強会はこの手の感じについて取り組みました。

手掛かりは、折り紙を円錐形にしたものを2つ作って、一つを手に持ち、もう一つを上から落とした時の、2つが手の中で重なって「スコッ」とおさまる感じ。


その手を実現するヒントには、少なくとも、

・地に足がついている感じ

・自分の呼吸

・空間の広さ   に気が付いている必要があるようです。


私には相手を優先しすぎる傾向があって、いったん仕事が始まると、

相手のこととかプログラムのことで頭の中がいっぱいになって、

上のような感覚をすっかり忘れていることが多いからです。

手の感じを試すのと一緒に、それらを思い出すのにも取り組んでみようと思っています。


相手のことやプログラムの内容とは全然別のことを考えている時の方が、

なんとなくいい結果つながる気がするのも、そのことに関係があるかも?

ModeMethod.net 日本 658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町 080-4134-9888

​神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・関西のアレクサンダー・テクニーク