• オオハシシン

グループ・ワークの醍醐味はライブなシェア


昨日は尼崎でのトレーニング・クラスでした。顔ぶれは毎回同じというわけでもないので、いつもその日のグループの傾向が異なり私にとって毎回とても勉強になります。


クラスはライブです。私はいつも違うことをします。何かしたいと事前に用意してきていても、それをすることは殆どありません。


誰かが疲れているかもしれないし、他の誰かが自分のしたいことを言い出すかもしれません。今回も会場に着くまで考えてアイデアが固まってきたものの、いざ顔ぶれと人々の様子を見て内容を即座につくり変えました。


それで、いつもドキドキしています。教師を始めてこのかた、手持ちのストックで済ませた事がありません。太極拳の指導も、アレクサンダー・テクニークの指導も、モード法の指導も、8年間、同じ内容を使いまわしたことがありません。


そして毎回、各々の取り組みのフィードバック(あなたはどう思いましたか?どんな感じですか?)を皆さんに尋ねますが、このときもドキドキしています。フィードバックはしばしばナイーブな空気をクラスに持ち込むからです。


でも、そのナイーブな内容こそ心を揺り動かし、学びに繋がる事が多いのです。心が動いたものだけが、響いたものだけが残ります。予定したものを消化し、知識だけが残っても大した学びにはならないのです。




グループ・ワークのよい所は、同じ取り組みをしても他人にとって違う経験であるのが分かることです。そして他人の価値観や思考、習慣を見て聞くことができます。このシェアにこそ意義があり、それがライブで行われれば予測不可能な事に出会い続けることになります。


すでに知っているものに再び出会うのは「確認」です。安心と満足に繋がりますが、新たな学びとは異なります。知識は一人で増やせます。私のクラスでは知識を増やすために時間を割きません。それよりもLive!な、今から生まれてくるクラスをします。


グループ・ワークに来られるときは、私は全員にフィードバックを求めます。頑張って自分をこの世に表現して下さい。失敗も間違いもありません。そして保留してもよいのです。


必ず、ためになることだけが起こります。それを信じて、少し苦しくても、産みの苦しみだと思って、チャレンジしてみてください。


ModeMethod.net 日本 658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町 080-4134-9888

​神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・関西のアレクサンダー・テクニーク