• オオハシシン

どちらが動いている?



みなさま先日の尼崎クラスはお疲れ様でした!


今回は、今そこで起きている相手の動きを捉えて一緒に動くか判断をする、というモード法の基本的な練習でした。


人の表面的ではない、内面的な動きが起きているかどうか、指標や基準のない場合、自分で判断するのは難しいかもしれません。


でも、左右でどっちのほうが動いてそうか?ということで判断すると楽ではありませんでしたか?


絶対基準がなければ、相対的に捉えればよいのです。モード法や、その基であるアレクサンダー・テクニークは絶対的な基準がないのに確かな仕事ができるのにはこうした工夫があってのことです。


よくやる左右の比較もそうですし、前後比較もそうです。これらワークをフワッとファジーに受け取る人は多いですが(それも魅力のひとつ)、教師側ははっきりと判断して相手の変化に取り組んでいるのです。


ではまた、次回は年明けです。今年は素敵な来訪者が入れ替わり立ち替わり、楽しいクラスを展開していけました。みなさんと一緒に学べるのを誇りに思います。


それでは、また!


ModeMethod.net 日本 658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町 080-4134-9888

​神戸・芦屋・西宮・尼崎・大阪・関西のアレクサンダー・テクニーク